タイトルへ戻る
戻る



多分目次 タイトル あらすじ
第1章 とにかく、北陸侵攻 サルとの従属を破棄するのだが、そのサルには使者を送りまくる・・・何かこれでいいのか?とにかく、北陸を東進する
第2章 東北の覇権 サルと北条との戦いに巻き込まれないためには、一刻も早く東北を制圧する必要がある。あるんだけど・・・東北の城は、やっぱ堅いな。(T_T)
第3章 早くも豊臣家と決戦!? まずは関東を固めて北条を討つ。一方で、豊臣家は主力が突如叛乱を起こす!なんだなんだ、この展開は・・・
第4章 豊臣家の黄昏 今はとにかく西進しかできない。豊臣家を叩くしかないんだけど、その豊臣家はかつて豊臣家だった独立勢力に固執するあまり、こうなった。って言うか問題なのはその向こうの・・・
第5章 九州征伐 最後に残ったのは“最強の敵”と言っても過言ではない島津家。いよいよその島津家との戦いに、決着をつけることに・・・!



★ 皆様、お待たせしました!(誰も待ってねぇよ)
greathelpのリプレイ第60弾は、丹羽家です。
シナリオは「天下小牧にありV4.31」です。
作者はMitsuruさんです。

さて・・・・・・
このシナリオは、1584年春に始まります。
サルが圧倒的に強い時期ではありますが、有名な小牧・長久手の戦いでは、徳川方の圧勝に終わりました。
この「サル−タヌキ」が電撃的に和解しない部分は史実と異なりますが、だからこそ弱小大名家も、これに付け入る隙があるってことです。
ま、何とかするしかないですな。

なお、当主丹羽長秀は、スリーサイズは上から11、10、9となっており、私がプレイする大名家の大名の中では、比較的優秀な方(ヲイ)ですかね。(^^;)
ところが、この人は寿命が短いのです・・・
今50歳なんですが、没年も50歳。
いつ死んでもおかしくありません。(ヲイ)
この後継者が丹羽秀重(上から8、7、2)や丹羽長重(上から7、4、3、1585年登場)など、能力面で不安一杯の人たちです。
本当に攻略可能なんでしょうか。
ま、一度攻略しましたが、バージョンアップしてどうなったのか・・・

では、攻略開始です。
(本当に大丈夫かよ・・・)

宇喜多家周辺
拡大

※Map提供:Mitsuruさん(Thanks)

こんな感じになります。

それでは、リプレイの開始です。

では、レッツスタート!!!

Special Thanks:Mitsuruさん(シナリオ作者及びマップ提供)

丹羽長秀(以下“長秀”とする)は、ノーパソの前で・・・ゲフンゲフン!
長秀は、周辺の地図を見ながら思い悩んでいた。

長秀:いやこれ、フツーは無理でしょ?
丹羽秀重(以下“秀重”とする):兄上、だからそりゃないでしょう?
長秀:?お前誰?
秀重:誰とはご無体な、それがしは兄上の弟の、丹羽秀重にござる。よもや惚けましたか!?
長秀:Wikiで調べると・・・ほぅ、そちは大阪夏の陣で死んでおるな?
秀重:ああ、兄上は惚けてしまわれたか・・・
長秀:ボケ老人と一緒にするな、このままサルとの同盟を破棄して・・・
秀重:それ、やるなら秋にしましょうよ。
長秀:・・・・・・
秀重:何か言ってくだされ!(T_T)

☆ 登場人物
丹羽長秀:リプレイ主人公
丹羽長重:2代目の主人公
丹羽秀重:初代相方

戻る
第1章へ
第2章へ
第3章へ
第4章へ
第5章へ